グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  事業の概要 >  概要・目的

概要・目的


このエントリーをはてなブックマークに追加
『「ふじのくに」みらい共育センター』と『みらい交流サテライト』の開設

画像クリックで拡大します
今回の事業では、静岡県、静岡市、牧之原市と連携し、地域ぐるみで課題に取り組むため、学内に地域と大学の橋渡しを担う事業統括機関「みらい共育センター(注1)」を新設し、連携する静岡市と牧之原市には、自治体との共同運営で「みらい交流サテライト」を設置します。学生は「しずおか学(注2)」科目群を通して静岡の歴史、文化、産業等を学び、フィールドワークを行います。サテライトでは、ワークショップを定期的に開催するなど、学生と地域住民が協働して、健康づくりとともに地域のみらいづくりを行う拠点を形成します。
  • 注1…共育とは、多様な立場や領域の人、組織が連携して教育を担うことを意味する造語。大学・学生・自治体・市民が連携して教育を担う(ともに育つ)場所として、「ふじのくにみらい共育センター」と名付けました。
  • 注2…教養教育である全学共通科目のうち、地域のことを学ぶグループを「しずおか学科目群」と名付け、全学必修科目として、平成26年度から開設しました。これにより、全学生が地域課題の認識と課題解決に取り組む意欲を涵養します。学生は、「茶学入門」「静岡の防災と医療」「ムセイオン静岡」「富士山の自然と社会」など10科目から、最低1科目を受講します。

地域の課題

連携自治体の課題(平成26年度申請時点)

静岡県

  • 健康寿命(H22年度全国1位)のさらなる延伸
  • 高齢者の増加、少子化への対応



静岡市

  • 政令指定都市で最も大きい人口流出への対応
  • 若年層の定着を目指した魅力的なまちづくり


牧之原市

  • 沿岸部自治体で南海トラフ大地震への対策
  • 若年層の転出への対応
  • 地域産業(緑茶)の衰退と後継者不足への対策


課題解決のための大学取り組み

教育

「ふじのくに」みらい共育センターを設置し、全学的なカリキュラム改革を行い、「しずおか学」科目群を選択必修化するとともに、地域志向型講義・演習を充実させ、コミュニティ・ワーク力を備えた人材を輩出する。

研究

大学と自治体が連携して、地域課題にマッチした地域志向型研究を支援する。

社会貢献

両市に設置した「みらい交流サテライト」において、大学と地域が共働して、健康長寿社会を支える拠点を形成し、人材育成を積極的に行う。

みらい交流サテライト

静岡市と牧之原市に「みらい交流サテライト」を開設し、学生と地域住民が共働して健康づくりと地域づくりを推進します。

本学の特色である薬・食・看を含む他職種連携教育と、文理融合した地域課題解決プロジェクトを連携させて、健康長寿社会づくりを牽引する地域人材の輩出を目指します。