グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  イベント・セミナー情報 >  参加者募集 2月10日(土) 第3回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催します

参加者募集 2月10日(土) 第3回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催します


このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回ワークショップの参加者を募集します【受付中】

「子どもを健やかに育てたい」と考えるのは全ての人に共通した考えでしょう。 しかし、実際には色々な理由でそれに叶わない育ちの環境にある子どもが存在します。
 これらの現状を含み、子どもについて改めて地域のみなさんと共に考えるワークショップ、「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催します。
 ワークショップは10月、12月(実施済み)と2月(今回)の3回開催を予定しており、それぞれ別のテーマで、講演とワークショップ等を行います。
 ワークショップに参加し、子どもを主体に、子どもの幸せを改めて考えてみませんか。

 このたび、第3回のワークショップ「特別なニーズ(障がい)のある子どもの支援を考える」の参加者を募集します。

ワークショップについて(詳細は添付のチラシをご覧ください)
日時 :平成30年2月10日(土)
    13時30分から16時30分まで (開場は13時から)
場所 :静岡県立大学小鹿キャンパス(静岡市駿河区小鹿2-2-1)
      教育棟205室を予定しています。
テーマ:「特別なニーズ(障がい)のある子どもの支援を考える」
内容 :第1部(講演)
     演題「共生社会の実現に向けて
          -子どもの視点から保育や教育を見直す-」
     講師 久保山茂樹さん
  (国立特別支援教育総合研究所総括研究員 臨床発達心理士)
    第2部(提言・ワークショップ)
      テーマ「子どもの居場所に寄り添う
             -家庭・保育・教育という場-」   
     提言者
       家庭から 津田明雄さん(静岡県自閉症協会 会長)
       保育の現場から 成瀬由美子さん
           (静岡市立東新田子ども園 園長)
       教育の現場から 渡邊満昭さん
           (静岡市立番町小学校通級指導教室 教諭)
   ※第2部の中で静岡県立大学短期大学部こども学科学生による
     パネルシアターの上演(羽衣の物語)を行います。
定員 :60名(どなたでも参加できます)
申込み:ホームページ又はFAXでお申し込みください。
     ホームページからのお申し込み

      https://service.qubo.jp/u-shizuoka-ken/form/index/0a7b1c9b9
     FAXでのお申込み
      チラシ裏面に必要事項を記入いただき、
      FAX番号 054-202-2640までお送りください。
    お申込みにあたっては、下記についてお知らせください。
    参加者氏名、住所、連絡先、勤務先、預かり保育の有無、
    預かり保育を希望される方は、お子様の氏名、年齢(学年)
主催:静岡県立大学、静岡県立大学短期大学部、
   静岡市番町市民活動センター

 本ワークショップは、静岡県立大学が行う「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」における、地域を志向した研究のひとつとして実施するものです。
 この研究は、子どもの成長と子どもを取り巻く社会環境に着目し、地域の実情を踏まえながら考えるものことを目的としています。
(研究代表者:静岡県立大学短期大学部こども学科 准教授 副島)