グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  活動報告 >  10月1日(日)に、第1回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催しました

10月1日(日)に、第1回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催しました


このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成29年10月1日(日)に、静岡市番町市民活動センターと住吉公園において、第1回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催しました。
 当日は、日本冒険遊び場づくり協会理事、天野秀明さんによる講演「遊びってどうして大切なの?」の後、住吉公園に移動しました。公園では、子どものワークショップ代表、浦部利志也さんとともに遊びを実践。親子でワクワクしながら隠れ家づくりを楽しみました。
 参加したこどもたちは遊びに「夢中」になり、大人は、子育てにおける自由な遊びの大切さを感じる時間となりました。

講義の様子

講義の様子

遊びの実践

住吉公園での遊びの実践の様子

学生による手遊びやダンス

静岡県立大学短期大学部こども学科の学生による手遊びやダンスも披露しました

 私たち大人は、「子どもを健やかに育てたい」と考えています。しかし、様々な理由でその考えにそぐわない環境にいる子どもたちも存在します。本ワークショップでは、このような環境の子どもたちについて、地域のみなさんと共に、改めて考える機会を提供します。多くの方が関心を持たれ、ご参加いただけることを心よりお待ちしております。

※第2回(平成29年12月3日(日))は「外国にルーツを持つ子どもたち」、第3回(平成30年2月10日(土))は「特別なニーズを持つ子どもたち」について考えます。
 詳細については、静岡県立大学ホームページ等でご案内をしています。興味のある方はご参照ください。
 リンク:第2回の参加募集について