グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  活動報告 >  『島田市に住みたくなる仕組みづくり』のための学生と市民協働ワークショップ 開催報告

『島田市に住みたくなる仕組みづくり』のための学生と市民協働ワークショップ 開催報告


このエントリーをはてなブックマークに追加
平成28年2月13日に島田市役所において、「島田市に住みたくなる仕組みづくり」をテーマにしてワークショップを開催しました。
これは、静岡県立大学 経営情報学部 岸ゼミを中心に進めてきたCOC事業地域志向型研究「Quality of Lifeの観点から考える若年層人口の社会減対策-島田市を事例として-」 の一環で、県立大学の学生、島田市民のアイデアを集約し、若年層が島田市に定住したくなるようなライフスタイルの提案や、その発信方法を議論した ものです。
当日は研究成果をもとにした岸ゼミ学生からの提案をうけ、多くの市民の皆様に加え、染谷絹代島田市長も参加し、活発な議論が交わされました。このワークショップの成果を踏まえて、3月下旬に島田市へ人口の社会減少対策に関する提言を行う予定です。