グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  活動報告 >  大学・地域共創シンポジウム 地域の健康を「幸福度」から考える 開催報告

大学・地域共創シンポジウム 地域の健康を「幸福度」から考える 開催報告


このエントリーをはてなブックマークに追加
平成28年1月29日(金)、静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 会議ホール 風にて
「大学・地域共創シンポジウム」を開催いたしました。連携自治体をはじめとする多くの自治体、
地域の方々、他大学、本学の学生ならびに教職員など約150名にご参加をいただきました。

人口減少時代の「新たな幸福の姿」 をテーマにマリ・クリスティーヌ氏による基調講演。
パネルディスカッションでは、パネリストに荒川区、特別区長会会長 西川太一郎氏、静岡大学 
教授 笹原恵氏、静岡県 知事戦略監 吉林 章仁氏を迎え、鬼頭学長が座長を務めました。
幸福度の観点から地域の魅力やQOL(生活の質)についてなど、意見交換が交わされました。

雨の中、多くの方にご参加いただきました。
ありがとうございました。